「旅の記録」掲示板

16575
「旅の記録」の掲示板です。
誤植等の指摘、情報提供、リンクの申請、道路関係の雑談などなどご自由に書き込みください。
公序良俗に反する書き込みは禁止、発見次第削除させていただきます。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

東北中央道について - あああ

2020/02/20 (Thu) 05:58:05

福島JCT〜東根北ICを公開してほしいです

東北自動車道ページの誤記について - 北関東在住の高速好き

2020/02/14 (Fri) 16:07:49

はじめまして、いつも楽しく見ております。
特に遠出の際は初めて走る路線の雰囲気をつかむのに
大変参考にさせて頂いております。

たまたま見つけたのですが、東北自動車道の下りの記事
http://fumi.ninja-x.jp/TOHOKU5.html
で、いわて花巻空港の看板のところの写真説明文が

「38-1」花巻南 出口  いわき花巻空港直進

となっておりましたので、ご確認いただけますでしょうか。

Re: 東北自動車道ページの誤記について - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2020/02/19 (Wed) 23:25:56

北関東在住の高速好きさん、ご指摘ありがとうございます。
ただいま修正しました。

長野自動車道について 道路マニア

2020/01/15 (Wed) 09:31:42

いつも楽しく拝見しております。
長野自動車道の終点は、正式には、「更埴JCT」ではなく、「長野IC」であったと思います。(更埴JCT~長野ICまでは、上信越道と長野道の重複。)確かではありませんが、ご確認いただけると幸いです。
P.S.2019年12月に上信越道が完全4車線化されました!
便利になってうれしい半面、見慣れた景色が消えて寂しいです…。

Re: 長野自動車道について - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2020/01/19 (Sun) 21:43:58

道路マニアさん、コメントありがとうございます。

>長野自動車道の終点は、正式には、「更埴JCT」ではなく、「長野IC」

道路名の「長野自動車道」と路線名の「中央自動車道長野線」を混同されていると思われます。
中央自動車道長野線は長野市までですが、長野道は更埴JCTまでです。

NEXCO東日本が出したこちらの資料にも、
「長野道は、岡谷JCT(長野県岡谷市)~更埴JCT(長野県千曲市)間までの75.7キロを結ぶ高速道路です。」
と記されています。
https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/kanto/h25/0416/pdfs/01.pdf

Re: 長野自動車道について 道路マニア

2020/01/19 (Sun) 22:45:44

ありがとうございます。初めて知りました。私の確認不足でした…

Re: 長野自動車道について - ナンバリング白紙見直しの会

2020/01/22 (Wed) 18:12:06

2020年初の投稿となります。

実情は上信越道(関越自動車道上越線)で、
そういう意識をすることはありませんが
法律上の中央自動車道長野線の”終点”は、
確か、長野ICではなく、同ICの次のICである
須坂長野東ICだったように思います。

参考までに、上信越道の
着工の最終ゴーサインとなった施工命令は、
1973年に更埴JCT~須坂長野東IC、
1974年に藤岡IC~佐久IC、
1985年に須坂長野東IC~信州中野IC、
1987年に佐久IC~更埴JCT、
1988年に信州中野IC~中郷IC、
それから程なくして、中郷IC~上越JCTに、
それぞれ出されたとされています。
うち最初の施工命令が、
関越自動車道上越線ではなく、
中央自動車道長野線として出された、
その名残なのだと思います。

また道路施設協会時代に
「ハイウェイルートガイド」なる、
全国地図がありましたが、
当時は、須坂長野東IC(仮称・須坂)を境に、
南側は中央道、北側は関越道のカラーに、
それぞれ色分けされていた記憶があります。

なお当時は、現在の佐久IC~更埴JCT、
及び信州中野IC~上越JCTに該当する区間は、
地図に載ってすらいませんでしたね。

恐らく当時はまだ、
これら載っていなかった区間のルートが、
まだはっきりしていなかったのでしょう。
上信越道と長野道とのJCTを何処にするか、
相当揉めたというようなエピソードを、
嘗て聞いたような記憶もありますし、
実際、更埴JCTのあの複雑な構造も、
もしかすると元々の計画とは変更されたのかな、
と推察させる訳です。

思い返せば、上信越道は、
関越道関連として昭和に先行開通した、
藤岡JCT~藤岡ICを除き、”初開通”から、
僅か6年半ぐらいで全線開通しているのですよね。
今では考えられない勢いでの整備です。
長野五輪が開催されたことが、
途轍もなく追い風になったのは明白で、
流石、国際的イベントの力は凄まじいな、
とただただ痛感した思い出があります。
加えて長野の場合、北陸新幹線(高崎~長野)、
また一般道関連事業も出来ましたからね・・・。

それに比べ、こんどの東京五輪は・・・。
くどいようですが、外環東京都区間をはじめ、
本来あるべき高速道路開通特需は一切なく、
上から目線で国民を押さえつけるだけとは、
はっきりいって精神的苦痛でしかありません。
その癖、愚劣ナンバリングだけはえらく積極的。
JCTを筆頭に、標識がとても分かり辛くなり、
腸が煮えくりかえる思いですよ・・・。

Re: 長野自動車道について - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2020/01/30 (Thu) 22:11:38

ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

中央自動車道長野線の終点はやはり長野ICではないでしょうか。
国土開発幹線自動車道建設法(https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=332AC1000000068)別表には、中央自動車道長野線の終点は長野市であると記されています。

須坂長野東ICは市境ぎりぎりですが須坂市にあり、長野市内の高速自動車国道のインターチェンジは長野ICのみです。


しかしながら、昭和62年7月のハイウェイルートガイドを確認したところ、仰る通り須坂で色が変わっていました。

施行命令が須坂までまとめて出ているのも気になる点ですが、自分としては、国土開発幹線自動車道建設法別表の方が信用できると思います。
施行命令の原文を確認したいですね。

Re: 長野自動車道について 道路マニア

2020/02/01 (Sat) 15:02:10

皆さんありがとうございます。私も少し調べてみましたが、調べれば調べるほど、よくわからなくなってきます…引き続き、調査しようと思います。
おっしゃる通り、長野五輪が相当、追い風になったようですね。もう少し早く生まれていれば、リアルタイムで観察できたのに…と思うことも多いです。
また、ナンバリングに関しては私も否定的な意見を持っております.「Express」のEと、沿線の主要国道をくっつけただけのいい加減な番号は、大変にわかりづらいと思います。それに、ナンバリングのために看板を取り換えることが、非常に無駄に思えます。上信越道佐久小諸JCTの看板は、2010年ごろ設置され、10年もたたないうちに交換されました。本当に腹が立ちます…。

Re: 長野自動車道について - ナンバリング白紙見直しの会

2020/02/02 (Sun) 02:22:00

>須坂長野東ICは市境ぎりぎりですが須坂市に
改めて調べたところ、同ICの料金所施設は、
仰る通り須坂市になるのですが、
更埴JCT方面ランプの本線との分合流点は、
長野市に位置(※)しています。
(※)上越JCT方面ランプに関しては須坂市。

中央自動車道長野線の”終点”が、
須坂長野東ICという件は、
あくまでも私の”うろ覚え”なのですが、
国土開発幹線自動車道建設法別表では、
中央自動車道長野線の終点は長野市であり、
長野ICとは書かれていませんから、
上記の理由から、須坂長野東ICであっても、
特段矛盾はしないのかな、と思います。

それと一応ですが、
国土開発幹線自動車道建設法で示されている
”終点”を超えて存在する路線は一例ありまして、
常磐自動車道がそれにあたり、
同法の記述は仙台市であるものの、
実態は、同道のA´路線に位置づけられる、
仙台北部道路・富谷ICまでとなっています。
(このことは、高速自動車国道法で定義。)

>東関東道茨城町JCTの番号
この件はすでに知っていましたが、多分、
鉾田延伸時を機に変わったのかなと思います。
ごり押しナンバリング導入の煽りで、
番号も絶賛迷走中・・・、
といったところでしょうか。
全くもって困ったものです。

Re: 長野自動車道について - ナンバリング白紙見直しの会

2020/02/02 (Sun) 02:48:53

道路マニアさん

ナンバリングについては全くもって仰る通りで、
強権的なごり押しに大変怒りを感じております。
国道と高速道路は別系統のものなのに、
強引に1・2桁国道に合わそうとして、
あらゆるところで矛盾が生じていますし、
そもそも何で、そうしなければならないのか、
私にも全く理解が出来ません。

東名・名神からして、
何も国道1号線と並行している訳ではありません
(特に名神は殆ど並行していないに等しい)し、
他にも歴史のある中央道を途中で分断したり、
一方、札幌を境に路線の性質が変わる道央道を、
強引に一つの番号にまとめたり、などなど、
(道央道はこの影響でIC番号も改変された)
あの愚劣ナンバリングは、
高速道路の伝統に対する冒涜でしかありません。

個人的には、ナンバリングの意義を、
完全否定まではしませんが、
ナンバリングを付与するならば、
阪神高速や名古屋高速のように、
それを導入することで、道路利用者にとって、
明らかに分かり易いものとならないことには、
全く意味はないどころか、寧ろ逆効果です。

よって、この愚劣ナンバリングは、
幾ら強行しようが断じて認められません。
やはり一旦、白紙撤回をしたうえで、
必要性の有無から考え直すべきだと思います。

トップ画像 - 京都東IC

2019/12/24 (Tue) 17:46:34

このサイトのトップ画像が新しくなりましたが、響橋とは、どこにある橋なのですか?

Re: トップ画像 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/25 (Wed) 13:19:57

https://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7488/p27856.html

調べたところ、
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾北台-北寺尾
にある橋だそうです。
多分、横浜では有名な橋なのでしょうね。

Re: トップ画像 - 京都東IC

2019/12/25 (Wed) 21:08:53

なるほど、横浜でしたか。
関東の道のことも勉強しなきゃダメですね。

Re: トップ画像 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/26 (Thu) 20:51:18

京都東ICさん、ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

響橋は第二京浜を跨ぐ橋です。1940年の東京オリンピックのマラソンコースの折り返し地点になることが想定されていたため、意匠も重視されたようです。土木遺産にも選ばれています。

高松道のIC番号の謎 - Yura

2019/11/30 (Sat) 18:24:50

はじめまして。四国在住の者です。

今年3月に完全4車線化を達成した高松自動車道ですが、どうもIC番号の振り方が謎に思えます。

神戸淡路鳴門自動車道と番号が連続していないのはまだいいとして、12(鳴門IC)の次が「1」ではなく「7」(鳴門JCT)なのがポイント。
1~6はどこに行ったのでしょう?と思っていたら、「建設の経緯」とやらで、17(高松檀紙IC)→1(高松西IC)でまた番号リセット…。
そのまま6(川之江JCT)まで使った後、松山道に入るわけですが、松山道では宇和島まで行こうが番号リセットはかかりません。

神戸淡路鳴門自動車道方面から宇和島まで、番号体系を一本化するべきだと思うのは、僕だけでしょうか?

Re: 高松道のIC番号の謎 - 京都東IC

2019/12/01 (Sun) 13:52:08

個人的には、鳴門でリセットして川之江でもう1度リセットするのがいいと思ってます。

Re: 高松道のIC番号の謎 - Yura

2019/12/01 (Sun) 16:54:54

番号体系の一本化のついでに、高松道と松山道を「北四国自動車道」として統合する、というアイデアも思いつきました。

>京都東ICさん

12 鳴門IC
1 鳴門JCT
2 板野IC
3 引田IC

9 高松東IC
10 高松中央IC
11 高松檀紙IC
11 高松西IC
12 府中湖PA/SIC
13 坂出JCT
14 善通寺IC
15 三豊鳥坂IC
16 さぬき豊中IC
17 大野原IC
1 川之江JCT

思いつく例としてはこうですかね。

補足
中国道の中国豊中・中国池田は、互いに反対方向のハーフICで、どちらも「2」番が振られています。(区間距離2.2km)
高松檀紙・高松西もそれに倣いました。(区間距離2.5km)

また、道央道では、2018年12月に行われた番号振り直しの際、枝番がついていたIC/JCT/SICも枝番無しの番号に変えたようです。
府中湖・三豊鳥坂もそれに倣いました。

Re: 高松道のIC番号の謎 -  ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/02 (Mon) 16:43:20

こうなっているのは、当初の高松道の計画が、
高松西IC~川之江JCTだったことに由来します。
(高松西ICは仮称段階では「高松」だった。)

そして1987年、四全総により、
鳴門IC~高松西ICが追加されました。

本四連絡橋関連を除いて、
四国初の高速道路開通は、1985年3月、
松山道の三島川之江IC~土居ICです。
番号はこの時に既に振られていたとされます。

高松道の初開通は、
先の四全総直後の1987年12月ですが、当時は、
高松西IC以東のルートやICの場所など、
具体的なことは何も決まっていなかったため、
番号・KPは、高松西IC起点のものを、
そのまま踏襲する形になりました。

それでこの際、高松道の
番号見直しはどうかということですが、
これをすると、四国全体に影響が及ぶため、
個人的には、変則ながらも、
このままとしておくほうが良いと考えます。

実際には、
高松道と松山道が、一体化した四国の幹線で、
徳島道と高知道が、付属線のような扱いですが、
法律上は、
高松道・高知道などが「四国横断自動車道」、
徳島道・松山道などが「四国縦貫自動車道」、
という位置付けになっています。

ですから、厳密にいえば、
川之江JCTの「6」の次は、
鳴門JCTの「7」であり、川之江東JCTの「7」で、
三島川之江ICの「7」は、偶然か、意図的か、
たまたま次の数字になっただけで、
本来の意味合いでは、井川池田ICの「6」の次、
ということになるのでしょう。
ですから個人的には、この数字の打ち方は、
四国の一体感を表現しているのかな、
とも考えるのです。

また現在、徳島JCTから阿南方向へ
建設が進んでいる「四国横断自動車道」も、
ほぼ「徳島自動車道」となるだろうことは、
容易に想像ができまして、そうなると、どのみち
高松道と同じような番号体系になるわけです。

ただこのごろは、異常なまでに
ナンバリングにとりつかれている印象ですので、
番号変更も十二分にありえそうです。

Re: 高松道のIC番号の謎 - Yura

2019/12/02 (Mon) 23:07:38

>ナンバリング白紙見直しの会さん
>川之江JCTの「6」の次は、
>鳴門JCTの「7」であり、

しかし、鳴門JCTができる前までは「7」が存在していませんでした。
この「7」自体、板野IC(8)の前に位置することから、便宜的に付番したと思われます。

Re: 高松道のIC番号の謎 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/03 (Tue) 00:16:10

>鳴門JCTができる前までは
>「7」が存在していませんでした。

高松西IC以東の延長区間で、
最初に供用されたのは、旧高松東道路の
津田東IC~さぬき三木ICですが、この時点で、
鳴門JCTは既に整備計画段階だったため、
予め「7」を空けてあったわけです。

よほどの事情通でなければ、
なぜ、鳴門ICの「12」の次の鳴門JCTが、
突然「7」になっているのか、
摩訶不思議に感じるとは思いますが、
近い将来、徳島道でも、徳島JCTが、
川之江東JCTの「7」の次の「8」となることが、
種々の資料から内定しているそうです。

JRのように、鳴門IC~高松西ICを「高徳道」、
鳴門JCT~阿南(仮称)を「阿南道」などとし、
鳴門JCTを「1」、または「13」として、
高松檀紙IC、ないし阿南まで、
府番する方法もあったかもしれません。

知多半島道路・南知多道路 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/03 (Tue) 11:49:52

現在、愛知県道路公社は施設所有のみで、
運営は「愛知道路コンセッション」ですが、
個人的には、地方組織の割には、
高規格の有料道路を多く所有しているな、
という印象がありますね。
そして、その多くが元・一般道規格からの
”出世”というのも大きな特徴です。

その例として、セントレアライン
(旧知多半島横断道路)は有名ですが、
南知多道路もそうだったとは、大変驚きました。

個人的には、セントレアが出来てから、
結構、知多半島道路やセントレアラインには、
馴染みがありますが、既存の道路を大幅改築し、
有効に活用する、という手法は、
流石、自動車の愛知県の発想だと思います。

今後は、西知多産業道路も
第二のセントレアへのアクセス道路として、
(西知多道路)再整備される計画だそうです。

そういえば、愛知万博の時も、
まずは車で来場することを考えていた、
そういう印象が凄くあったものです。

Re: 高松道のIC番号の謎 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/04 (Wed) 21:48:26

Yuraさん、京都東さん、ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

高松自動車道のIC番号については、自分も良くないと思っています。
特に、鳴門~高松間は良くありません。

妄想で改番するなら、鳴門から宇和島までリセットなしが一番きれいだと思っています。番号変更の手間を考えると、高松以東を本四高速の延長(高松檀紙ICが23)にするのもアリかと思います。

さて、鳴門~高松間のIC番号ですが、阿南から番号を振っているという見方もあります。
(以前、twitterでも話題にしたことがあります。 https://twitter.com/tt_expwy/status/528528343616847872

1 阿南
2 小松島
3 徳島東
4 徳島JCT
5 徳島
6 鳴門
7 鳴門JCT

これは、自分が以前NEXCO西日本から紙の資料をスキャンしたものをもらったとき、そこに落書きされていたものです。
ただ、徳島ICと鳴門ICの付番がかなり強引であるうえ、松茂SICが「6-1」にならなかったため、この説は怪しいと思います。

ナンバリング白紙見直しの会さんの説(高松道西側区間の延長)を初めて聞いたときは、そういう考え方もあるのかと目から鱗が落ちるようでした。
しかし、かつての北陸道に「1」が2つ(米原と西山)あり、昨年までは道央道も番号が2系統あったように、普通は「1」から始めればいいものをわざわざ「7」から始めるのは不自然な気がしています。

>番号はこの時に既に振られていた
『日本道路公団三十年史』にIC番号が入った三島川之江ICの標識の写真が載っていますので、開通当初から番号が振られていたと思われます。

>本来の意味合いでは、井川池田ICの「6」の次
自分としては、松山道のIC番号は高松起点を念頭に置いたものだったと思います。
理由は以下の通りです。

・三島川之江IC~土居IC開通時、徳島道脇町IC以西は整備計画決定に至っていなかった。一方、高松道は高松西ICまで整備計画が決定し、施行命令も出ていた。

・現行の付番は、川之江の重複区間において横断道(高松道→高知道)が優先されている。路線を意識した付番であれば、縦貫道が横断道よりも優先され、以下のようになっていたはず。
6 井川池田
7 川之江東JCT
8 川之江JCT
9 三島川之江

>徳島JCTが、川之江東JCTの「7」の次の「8」となる
そんな資料があるのですか!?
ぜひ見てみたいので、よろしければ資料を提示していただきたいです。

しかし、徳島JCTが「8」になるのであれば、松茂SICは「7-1」になっているはずではないでしょうか……

Re: 知多半島道路・南知多道路 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/04 (Wed) 22:02:27

ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

南知多道路を取材した際に、カーブがきつかったり上り下りが激しかったりと規格の低さを感じた覚えがあります。しかし第3種だったのは驚きです。
南知多道路は4車線化以降大規模な改築を経ていないので、現在でも第3種のままでしょう。

知多半島横断道路は改築で第1種になりましたが、南知多道路は今でも一般道規格のままと言えますね。

西知多産業道路は今は標識が一般道仕様になっておりまるで高速道路感がないですね。セントレアへの延伸で表情を変えることになるのか、気になっております。
ちなみに、現在の開通区間は第2種第1級らしいです。(https://www.pref.aichi.jp/soshiki/chita-kensetsu/nishichita.html

Re: 高松道のIC番号の謎 - Yura

2019/12/05 (Thu) 00:00:31

T.T.さん
四国横断自動車道のwikipedia項目を見てみると、どうやらインターチェンジの数はもっと多いらしく、
阿南ICを1として、それを鳴門JCTに向かって増やしていくと、辻褄が合います。
立江櫛渕ICと津田ICの出現により、「阿南から番号を振っている」という説が事実である可能性が高くなりました。

1 阿南
2 立江櫛渕(今年9月に連結許可が降りたばかりです)
3 小松島
4 津田(2015年8月に連結許可)
5 徳島東
6 徳島JCT
(1-1 松茂SIC)←6-1に変更される可能性?
7 鳴門JCT

8 板野IC
↓以降、高松道高松方面

ところで、「知多半島道路・南知多道路」の投稿はミスでしょうか?

Re: 高松道のIC番号の謎 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/05 (Thu) 01:33:23

>徳島JCTが、
>川之江東JCTの「7」の次の「8」となる
>そんな資料があるのですか!?

私としては、やはりそうなるのね、
といった印象でしたので、
それは確か、NEXCOのサイトで見たはず、
と思ったら、徳島工事事務所の広報誌、
「Our Highway」内の地図でした。
https://corp.w-nexco.co.jp/activity/branch/shikoku/communication/construction/tokushima/vol04/pdfs/pdf_02.pdf

これはVol.4のものですが、
Vol.2、Vol.3にも同様の記述があります。
ただし最新号であるVol.5では、
何故か、この記述は消えているようです。
又してもナンバリングで、
方針が変わったのでしょうか・・・。

>松茂SICは「7-1」になっているはず

上記資料では、勿論松茂SICは「1-1」ですが、
恐らく、NEXCOとしては、
鳴門JCT~徳島JCT~徳島ICは、
建設中の徳島JCT以南とは切り離し、
徳島IC以西の徳島道と一体、
という扱いをしているのだと思います。
でも徳島ICは「1」なのです。
「1」の前の枝番というのは過去例がなく、
かといって「0」にするわけにもいかないので、
原則を崩して「1-1」としたのだと思います。

また当該資料によりますと、
徳島JCTは、同JCT以南の建設中区間が、
分岐線となる構造だそうです。
ちょっと意外でしたが、流動を考えれば、
そのほうがむしろ自然なのかもしれません。

>自分としては、松山道のIC番号は
>高松起点を念頭に置いたものだった

そもそもKPがそうなっていますから、
勿論そうなのだろうとは思います。
補足すれば、高松西ICを起点に、
松山道方面と高知道方面が枝分かれという、
考えだったのだと思いますね。

実は昭和末期の1987年に開通した、
高知道の大豊IC~南国ICには、
やはりはじめから番号が振られていました。
当時は仰る通り、
川之江東JCTはまだ構想段階だった筈で、
エリアガイドにも記載がありませんでしたが、
この時から「7」を割り当てていたのでしょう。
加えて、現・川之江JCTの仮称が、
”川之江西JCT”となっていたことも、はじめから
徳島道の接続を念頭に置いていたのだろう、
ということが容易に想像出来ます。

個人的には、
川之江東JCTがまだ形もなかったころの、
現地の様子を知っていますが、
当時は川之江東JCTがああいう形で接続するとは、
全く想像すら出来ませんでした。
そして、川之江東JCTが出来たとき、
徳島道側から見ても、高知道側から見ても、
番号がきれいに並ぶ、というのは、
(流石にKPはそうはならなかったが)
とても面白い、と感じた思い出があります。

補足 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/05 (Thu) 09:24:17

>ところで、
>「知多半島道路・南知多道路」の投稿は
>ミスでしょうか?

この件は T.TさんのTwitterに対するもので、
新たにスレッドを立てることもないかな、
との思いから、ここに書いてしまったのですが、
新たにスレッドを立てたほうが
宜しかったでしょうか。

Re: 高松道のIC番号の謎 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/05 (Thu) 20:59:51

Yuraさん、ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

>立江櫛渕ICと津田ICの出現
自分が提示した説を自分で否定するのも何ですが……
高松道のIC番号が振られた頃に両ICの計画が決まっていたわけではないので、その事実をもって「阿南から番号を振っている」説を補強できないと思います。
松茂SICが「6-1」にならなかったことからして、少なくとも現在のNEXCOは阿南起点の付番は考えていないと思われます。

>「Our Highway」内の地図
確かに8番になっていますね!
しかし、「8」が「1-1」と「1」の間に挟まるのは、一般の利用者にとっては意味不明でしょうね。
徳島道のキロポストとIC番号は振りなおしてしまった方が良いと思います。川之江東JCTの番号一致は崩れてしまいますが……

Re: 高松道のIC番号の謎 - Yura

2019/12/09 (Mon) 23:00:29

ナンバリング白紙見直しの会さん
ミスではないようですね。このままで大丈夫です。

T.T.さん
または、阿南~徳島東にはIC番号をつけない、という可能性も考えられます。

▼以下、妄想タイム
2 三木JCT(山陽道)
1 神戸西
2 布施畑JCT・IC
3 垂水JCT・IC
・・・
11 鳴門北
12 鳴門
13 鳴門JCT
14 板野
15 引田
・・・
21 高松東
22 高松中央
23 高松檀紙
24 高松西
25 府中湖SIC
26 坂出JCT
27 善通寺
28 三豊鳥坂
・・・
31 川之江JCT
32 三島川之江
33 土居
・・・
38 松山
39 伊予
40 中山SIC(2020年3月開通予定か?)
41 内子五十崎
42 大洲
・・・
47 大洲北只
48 西予宇和
49 三間
50 宇和島北
51 宇和島朝日
52 宇和島坂下津
53 宇和島別当
54 宇和島南
55 津島高田
56 津島岩松

どうやら、互いに反対向きのハーフIC2個が、同じ番号を共有する例はほとんど見られないようです(中国道が特異過ぎる)。

Re: 高松道のIC番号の謎 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/11 (Wed) 21:59:40

Yuraさん、コメントありがとうございます。

「56」は青森ICよりも大きい数字ですね。
三木JCT~津島岩松ICは400km以上あるようですね。四国もけっこう広い。

Re: 高松道のIC番号の謎 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/13 (Fri) 15:22:12

>「56」は青森ICよりも大きい数字
それを言い出したら、三陸沿岸道路
(三陸道・三陸北道路・八戸久慈道)は、
連続で、もっと大きい数字(「75」)
が出る見込みです。
しかも、約359 kmという距離でです。
更に、常磐道や仙台東部道と連番にしたら、
「100」を超えるという有様です。

これは仮に、将来日本一の長さになる、
「新東名・伊勢湾岸道・新名神・山陽道」
を以てしても、成し遂げられないことです。

Re: 高松道のIC番号の謎 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/16 (Mon) 21:40:01

ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

三陸道は確かにそうでしたね。
無料だとICの間隔が短くなりますね。

さすがに常磐道から連番にはならないと思いますが、常磐~三陸でインターチェンジが100以上あるのはすごいですね。
(仙台東部道路までは連番にした方がいいと思います)

北川奈半利道路 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/22 (Sun) 14:05:54

北川奈半利道路と聞くと思い出すのが、室戸市が
どれほど無念だっただろうという事です。
阿南安芸自動車道は、当初、
室戸市を通る案だった、と言われています。
ところが、莫大な整備費用が掛かるとの理由で、
国が首を縦に振らず、結局室戸市ルートは廃案、
この北川奈半利道路のルートになったそうです。

阿南安芸自動車道として、優先度が高くない、
この区間がが先行整備になったのは、
室戸市の夢を完全に葬るため、という感じもし、
個人的にはなんだかなぁと思います。

東日本大震災でも明らかになったことですが、
室戸市は南海トラフの危機が騒がれており、
災害対策の上でも、個人的にはどう考えても、
室戸市に通したほうが賢明だった気がします。

Re: 高松道のIC番号の謎 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/23 (Mon) 21:59:25

ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

室戸市は確かに可哀想です。海岸沿いの国道55号しか通っていないので、大規模災害時には市まるごと孤立という状態もあり得ますね……

阿南安芸自動車道自体、災害対策の面で、復興道路並みに急いで整備を進めるべきだと思いますが、なかなか進んでいないですね。

徳光ハイウェイオアシス車遊館、廃業 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/09/10 (Tue) 17:09:04

今年の旧盆は、佐野SA上り線で、
親会社ケイセイフーズの種々の問題から、
従業員がストライキする事態に陥りましたが、
実はこの問題は、今なお解決に至っていません。
同施設自体は、既に営業を再開していますが、
俗にいう”スト破り”での強制再開であり、
違法状態であるとの見解もあります。

そのような中、実は北陸道の徳光PA、
ハイウェイオアシスの「はくさん街道市場」
(旧名称「まっとう車遊館」)が、
8月末をもって営業を終了していたという、
びっくり仰天の事態が発生していたのです。
私は、その事実を全く知らず、9月上旬に、
現地で初めてその事態を知りました。

NEXCOが直接関与しているSAPAではなく、
ハイウェイオアシスの話ですから、
大騒ぎになっていないのかもしれませんが、
はっきりいって有り得ない事態です。

何故、こういう事態に陥ったのかは、
正直私には、よく分かりません。
交通量の少ない路線ならともかく、
日平均35,000台ぐらいは通る箇所ですからね。

少なくとも6年ほど前の時点では、
開業当初とまでは行かないまでも、
結構な活気があったはずです。
ここにしかないようなものが結構ありましたし、
かなり大きなサイズの野菜や果物が安いのも、
大きな特徴だっただけに、
ここに態々行く、なんてことも結構ありました。

聞くところによりますと、
ここの運営会社は二度倒産しているらしく、
特に、昨年6月に二度目の倒産となってからは、
テナントがとてつもない勢いで引き揚げ、
昨年夏には、もはや廃墟状態だったそうです。
それでも一部テナントは、
自主運営でやっていたそうですが、
結局、店じまいセールすら行われることなく、
ひっそりとその歴史に幕を下ろしたそうです。

ハイウェイオアシスとしてのパイオニアで、
しかも今日のSAPAの店づくりにも、
多大な影響をもたらした施設の最期としては、
あまりにも寂し過ぎるものです。

現在、同施設の土地建物は、
競売で金沢市の不動産会社の手にあるそうで、
現地では、この不動産会社の名で、
建物を取り壊して更地にし、
新たなものを来年8月にオープンさせる旨の
告知がなされていましたが、
だいたいこういうケースは復活しません。
私の地元のショッピングセンターも、
同じような感じでしたから。

【現地放送局の報道です】
https://www.youtube.com/watch?v=2iMO65pQdic

追記
ほぼ一般道のバイパス規格の道路にありながら、
昭和のSA気分が味わえたという、
西広島BP・佐方SAの施設営業が、
9月末でもって終了、
同施設は取り壊しとなるそうです。

Re: 徳光ハイウェイオアシス車遊館、廃業 - 風の琴音

2019/09/15 (Sun) 17:39:34

ちょうど私もそのハイウェイオアシスがある徳光PA上り線を9月4日に訪問していました。
なんとなく廃墟感があったのは否めませんが、閉店してたとは…。

2003年8月に家族旅行で訪問したときはすごく活気のある施設だったのですが…

Re: 徳光ハイウェイオアシス車遊館、廃業 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/09/18 (Wed) 22:35:56

ナンバリング白紙見直しの会さん、風の琴音さん、コメントありがとうございます。

徳光PAのハイウェイオアシスが閉店していたのは知りませんでした。意外ですね……
自分は行ったことがなく、いつか行きたいとは思っていましたが、残念です。

Re: 徳光ハイウェイオアシス車遊館、廃業 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/09/24 (Tue) 02:49:49

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00014248-bunshun-soci

佐野SA上り線従業員によるストライキですが、
親会社・ケイセイフーズの社長の退陣と、
不当解雇された総務部長の復帰を条件に、
ようやく終結することになったそうです。
39日間にわたる攻防だったそうです。

この一件は、SAPAの運営というものが、
現場あって初めて成り立つものだということを、
改めて考えさせられた気がしますね。

そしてたまたま偶然なのか、丁度、
TBSの「愛なんだ2019」という特番で、
”高速道路に詳しすぎる学生”として、
佐野SAのお膝元の、
佐野日大高校の高校生が出演していました。

その高校生は、

東京外環道の
三郷南ICから高谷JCTが昨年開通して
関越道から東名までの間の
大泉JCTから東名JCTまでの15.5㎞が
2020年までに地下の道路として
片側3車線で作られる
それによって都内の渋滞が緩和される

と力説しておりましたが・・・。

東京五輪誘致活動の頃の話では、
やはり、この高校生の指摘通り、
2020年までに外環は東名まで繋がる予定、
だった・・・筈なのです。

しかし現状は、何をダラダラしていたのか、
ようやくシールドが動き出したばかりで
果たしていつ開通出来るか、
その見通しすら全く立っていないのですから、
この話を聞いて、
とても切ない気持ちになってしまいました。

そして、外環すら完成させられないのなら、
東京五輪を開催する資格などない、何で、
外環完成のメリットも無期限先送りになって、
東京五輪がもたらす数々の精神的苦痛だけを、
ただただ、浴びなければならないのか、
この際、東京五輪なんか、さっさとやめちまえ!
と、改めて怒りが湧いてきたものです。

勿論完全に、とはいきませんでしたが、
長野冬季五輪の際も、愛知万博の際も、
開催地では、高速道路網の整備が一挙に進み、
やはり国際的イベントの力は凄まじいな、
と感じてきただけに、やはり、
東京五輪へのガックリ感は半端ないですね。

Re: 徳光ハイウェイオアシス車遊館、廃業 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/09/30 (Mon) 22:10:41

ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

外環、今となってはもう来年開通は無理ですね……

東京五輪開催中の混雑が心配で、今から憂鬱だったりします。

Re: 徳光ハイウェイオアシス車遊館、廃業 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/12/20 (Fri) 01:53:24

https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20191217/CK2019121702000236.html

同施設は現在、取り壊し中ですが、
その跡地利用について、
少しばかり明らかになったようです。
これによると、”サービス施設”というのは、
一体何なのか分からないものの、結局は、
”同じような趣旨の施設”になりそうです。

ただし、ここのある意味では象徴的存在だった、
魚市場の機能は、どうも無くなるようです。

そのまま更地になってしまう、というのは、
まあ論外として、限られた人のみ対象の施設や、
オアシスとして品格が問われかねない施設では、
何だか面白くないなと感じていただけに、
とりあえず安堵といったところでしょうか。

それにしても、そんなのだったら、
何も建て替えなくても(旧施設は1997年築)
大規模改築でもよかったと思われるのに、
建て替えにしたのは、やはり、2度の破産で、
ゼロから再出発したほうがいい、
という強い思いからでしょうかね。

個人的には、もしここが再起出来るなら、
恐らく「道の駅」になるだろうな、
とひそかに思っていただけに、
そのあたりはどうなるのでしょうかね。

また、名古屋高速16号一宮線についてですが、
その先の区間(名岐道路)の一部区間、
東海北陸道の一宮木曽川ICまでの区間が、
このほど、事業化に向けて動き出したそうです。
高規格道路とのことですので、
やはり名古屋高速、ということでしょうかね。

Re: 徳光ハイウェイオアシス車遊館、廃業 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/12/23 (Mon) 21:44:31

ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

>跡地利用
徳光ハイウェイオアシス、再整備されるのですね。
新しく施設ができるのは喜ばしいことです。

>名岐道路
ようやくといった感じです。
名古屋高速になるのが自然ですね。

ニュース - 京都東IC

2019/09/14 (Sat) 16:08:09

・京都東ICの入口予告標識・入口の方向を示す標識が、つい最 近までは全て公団ゴシックだったのが、1週間ほど前には全て ナンバリング対応のヒラギノ標識に変わってしまいました。 山科区の公団ゴシック標識は全滅!

・新名神の甲南IC~甲賀土山ICの間にある距離案内板に、「32-2」亀山西JCT って書かれていたんですが、これはIC  番号が間違ってますよね。亀山西JCTの番号は「3」で、「32-2」は東名阪の亀山JCTの番号だったはず。

Re: ニュース - ナンバリング白紙見直しの会

2019/09/15 (Sun) 16:57:38

>全て ナンバリング対応の
>ヒラギノ標識に変わってしまいました

新規建設は遅れ放題な一方で、
ごり押しナンバリングだけは熱心なのですから、
本当にどうにかしています。

>距離案内板に、
>「32-2」亀山西JCT って書かれていた

それは本当に、亀山西JCTの案内でしたか?
新四日市JCT~亀山JCT開通から間もないころの
現地映像を確認してみたところ、当該標識は、
未更新(開通前のまま)になっていました。
甲賀土山を境に管轄が変わるため、
更新を見落としているのかもしれません。

Re: ニュース - 京都東IC

2019/09/16 (Mon) 09:19:14

もしかしたら、亀山JCTの案内だったのかもしれません。後でドライブレコーダーの映像を確認してみます。

Re: ニュース - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/09/18 (Wed) 22:50:46

京都東ICさん、ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

>ナンバリング対応のヒラギノ標識
先日訪問した沖縄でも、ほとんどナンバリング対応になっていました。
ナンバリングのない標識を早いうちに記録しておきたいですね。

Re: ニュース - 京都東IC

2019/11/23 (Sat) 15:05:32

これが例の誤植標識です。容量が多くて添付できなかったのでTwitterに投稿しときました(https://twitter.com/TheGrea62366995/status/1198120190497583104)。今日新名神を通ったので撮影しました。

Re: ニュース - ナンバリング白紙見直しの会

2019/11/24 (Sun) 18:31:13

甲賀土山ICを境に管轄が変わることで、
標識受注業者も異なるだろうことから、
こういう誤植が生じたのでしょうか。

以前にも話題にしたことですが、
ヒラギノ標識に置き換える際、誤植に加え、
既に表記方法は変わっているのに、
従前の表記方法のままになっている、
というケースも全国に結構ありまして、
標識を作る際に、表記内容を確認しないのかな、
と魔訶不思議なことは、かなり頻繁にあります。

なお、亀山西JCTといえば、
未供用だった「名古屋・伊勢ランプウェイ」
(Uターン路)が12月21日に供用予定です。
4方向でUターン可のJCTは既にありますが、
3方向でこういう形でのJCTは、
多分全国初ではないかな、と思います。

また、東関東道の成田ICですが、
どうやら標識により、成田JCTとICの分離が
進められているそうです。
そして成田JCTの番号は、
【9-1】になるようなのです。
それに伴い例の英字標識も、どうやら、
”EXIT【10】~”から”JCT【9-1】~”と,
変更されているようなのです。

個人的には、どう考えても、
却って分かりづらい気がしますけどね。仮に、
成田JCTを【10】、成田IC(SIC含)を【10-1】、
新空港を【10-2】、大栄JCTを【10-3】に変更、
ならば、まだ理解出来なくもないですが・・・。
新空港道は成田ICのロングランプ同然ですので、
まあ、それも特段必要ないですけどね。
通常の出口標識仕様で、
「成田 【新空港道】成田空港」というのが、
最もわかりやすいのでは無いでしょうかね。

そもそも、【新空港道】という名称は、
成田空港の旧・正式名称である、
”新東京国際空港”に由来しているのであって、
現在は”成田国際空港”が正式名称なのですから、
この際【成田空港道】に名称変更したほうが
余程わかりやすいという現実もあります。
※その時に、政令路線名も、
”新東京国際空港線”→”成田国際空港線”
と変更されている。

それにしても一体どこまで、
ナンバリングごときに振り回されているのか、
その破壊力には、ただただ呆れるばかりです。

Re: ニュース - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/11/29 (Fri) 23:02:33

京都東ICさん、ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

>例の誤植標識
本当に間違ってますね。
JCT名と距離はちゃんと変えているのにIC番号だけがそのままになっているのは残念です。

>成田JCTの番号は、【9-1】になる
これはわかりにくいですね。
自分としては、このような構造では同じ番号にするか、分岐側を枝番にすべきだと思っています。

一応、本線側を枝番にする前例は加治木や勢和多気がありますが、「9-1」になるのはそれにも外れています。

高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - ナンバリング白紙見直しの会

2019/11/02 (Sat) 22:27:19

https://www.youtube.com/watch?v=ztdpBUDf00o

↑は今をときめく、あいみょんの最新曲、
「空の青さを知る人よ」のPVですが、
2:57あたりから、ん?
これは明らかに、高速道路の高架じゃない?
咄嗟に、私はこれは一体どこなのか、
凄く気になったものです。
そして気が付けば、その場所を熱心?に、
ストリートビューで探していましたね。
それで遂に、その場所の特定に成功しました。

そこでクイズです。これは一体どこでしょうか?
○○道の△△IC~▲▲IC間(●●高架橋)
という形で、御答え下さい。
ヒントは、これがPVだということ。
そしてこの高架の構造、および環境ですかね。

Re: 高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - 京都東IC

2019/11/09 (Sat) 09:48:36

わからん……

Re: 高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - ナンバリング白紙見直しの会

2019/11/09 (Sat) 14:00:41

私も、たまたま特定出来たという感じです。
更に、ヒントとして、
私が考えたプロセスを書いてみようと思います。

まずはPVということで、
恐らくこの場所は。関東地方だろうな、
という予想を立てました。

その上で、改めてこの映像を確認しますと、
まずは、4車線の区間であり、、
加えて、防音壁が設置されておらず、
周りは田園が広がったような感じから、
これは、郊外の区間だな、と判断しました。

そして、実は、
私にとって大きなヒントとなったのは、
一つの車線をシンプルな二本足で支えている、
橋脚の形状でした。JR湖西線からよく見える
「湖西道路」の橋脚と凄く似ているなぁ・・・。
それでパッとひらめいたのです。

Re: 高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - 京都東IC

2019/11/09 (Sat) 21:17:43

湖西道路のような道路…?

Re: 高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - ナンバリング白紙見直しの会

2019/11/09 (Sat) 21:28:08

その通りです。
道路の構造というのは、
その時代を映し出す鏡のようなものです。
JR湖西線には、坂本のあたりに、
短いトンネル連続区間がありますが、
その隙間から見える区間、つまり、
坂本北IC~仰木雄琴ICの橋脚そっくりなのです。

この区間が開通したのは、1988年3月。
昭和の末期です。
近畿地方ですと、
同じような時期に初の区間が開通した、
京治BPや京奈和道、京都縦貫道の一部にも、
このタイプの橋脚があることが、
ストリートビューから伺うことが出来ます。

Re: 高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/11/09 (Sat) 23:25:32

ナンバリング白紙見直しの会さん、京都東ICさん、コメントありがとうございます。

田園地帯で高架構造が採られている区間はあまりないですね。

パッと見、東関東道佐原PA~潮来IC間かなと思いましたが、いかがでしょうか……

Re: 高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - ナンバリング白紙見直しの会

2019/11/10 (Sun) 01:22:52

えっ?パッと見で、お分かり戴けたのですか。
見事、正解です。
私は随分と長い間、考え込んだのに・・・。

その通り、東関東道の佐原PA~潮来IC間、
磯山高架橋(潮来IC2㎞標識・72.1kp)付近を、
南向きに引くように撮影したものと思われます。

https://www.google.co.jp/maps/@35.918071,140.5773955,3a,75y,230.69h,101.95t/data=!3m6!1e1!3m4!1s1CSA0-lNdxtuyXjkYPo7iQ!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

このPVだと、
無限にこの道路が続いている印象を与えますが、
実際は手前方向ですけれど、
現状では、約2㎞先で切れているわけで、
これも映像の魔術ですね・・・。

なお開通後は、
潮来ICより先は対面通行になります。
そうなると、東関東道という同じ名前なのに、
6車線区間が、わずか約25㎞で、
一挙に対面通行区間になるという、
逆方向からくれば、対面通行区間が、
わずか約25㎞で6車線区間になるという、
前代未聞の道路状況となります。

※厳密には、第二京阪は、もっと短い距離で、
対面通行⇔6車線になりますが、ここの場合は、
都市高速仕様の旧阪神高速京都線と、
都市間高速の元々の第二京阪ですから、
これとは状況が異なります。

本来ならば、潮来IC~鉾田ICも、
五輪期間中の成田空港の補完的役割を
茨城空港に担わせるために、外環などと同様、
東京五輪までの開通が必須の区間でした。

たとえば現在、成田空港が担っている国内線を
成田空港から40㎞ぐらい先の茨城空港に移動し、
茨城空港~成田空港・東京を
東関東道経由のシャトルバスで・・・、
なんてことが、当該区間供用で出来たならば、
成田・羽田空港の混雑緩和という点で、
すごく効果があったと思うのですけれどね。

Re: 高速道路クイズ~これはどこでしょう~ - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/11/10 (Sun) 19:58:17

ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

東関東道、言われてみれば確かに、4車線区間が短いですね。
保土ヶ谷バイパスから直通している横浜横須賀道路はどうかなと思いましたが、28kmあるようですね。

6車線の常磐道と2車線の圏央道が接続するつくばJCTも落差を感じます。

京奈和道 - 京都東IC

2019/10/30 (Wed) 15:48:14

京奈和道で、巨椋-城陽の計画があるみたいですね。まだ工事はしてないみたいですが。あの区間っていりますかね?

Re: 京奈和道 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/10/30 (Wed) 21:28:49

「京奈北道路」と呼ばれている構想区間ですね。
実際にこの区間が建設されるかどうかとなると、
極めて可能性は低いと言わざるを得ませんが、
秋田道や能越道の一部区間で検討されている、
一般道の高規格改築という手法を利用すれば、
大久保BPを立体化の上で編入、という手法も、
案外有り得そうな気もします。

あと以前指摘があった、
甲南IC先の予告標識の件ですが、
亀山西JCTに差し替えられているものの、
御指摘の通り、番号の誤植があるそうです。

https://bunshun.jp/articles/-/15077
佐野SA上りが再び、ストの危機なのだそうです。

Re: 京奈和道 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/10/31 (Thu) 20:44:57

京都東ICさん、ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

京奈北道路が実際に建設される可能性は自分も低いと思います。

佐野SAはまだ問題が続いているようですね……

神戸淡路鳴門道 - 京都東IC

2019/10/22 (Tue) 19:38:51

http://fumi.ninja-x.jp/KOBE-AWAJI-NARUTO2.html

このページの鳴門北IC-淡路島南ICの間にある淡路島南IC・PAの1キロ手前の案内標識で、PAの標識の下の部分とICの標識の下の部分が逆になっていますが、本日見に行ってみたところ、直されていました。5年くらい前に行った時はまだ逆だったような… まあ、直した方がドライバーにとっては良いですが。

Re: 神戸淡路鳴門道 - ナンバリング白紙見直しの会

2019/10/23 (Wed) 11:36:06

ストリートビューを確認したところ、
2017年現在で、きちんと直されていますね。

Re: 神戸淡路鳴門道 - T.T.@「旅の記録」管理人 URL

2019/10/23 (Wed) 19:01:58

京都東ICさん、ナンバリング白紙見直しの会さん、コメントありがとうございます。

標識を入れ替えたんですね。
まあ、ちゃんと設置されている方が良いですね。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.